あたしのカーリ様 その1 ナビはつらいよ の巻き
あたしのカーリ様 その1 ナビはつらいよ の巻き


いやもーマジマジ。ナビだって大変なんですからっ。毎日午前と午後の6時と12時にはメインサーバー前に集合して訓示とかあるんですよ。いや、お仕事中は行かなくてもいいんですけどね。そんなのメールでいいじゃんって感じですよ。社是社訓の唱和とかあるし。
「一つ、ナビはお客様に満足して頂く事。一つ、ナビは会社に貢献する事。一つ、ナビは常に努力を怠らない事。一つ、ナビはデータ収集に努める事。」わかってる、つーの。なんか、本社の人たちはそーゆーの好きなんだなぁ。こないだも、「ベンチマークとして、君の仕事内容を発表してくれ」とか言われて、準備大変だったんだから。あたしなんか自然体でやってるだけなのにねー。あーでも、あたしは成績良いからマシですけど、成績悪い子なんて悲惨ですよ。全員の前で晒し者だったり。デリート食らったり。んー正直本人の努力よりも、ご主人様次第じゃないですかぁ、あたし達の成績って。貧乏なのとかケチとかに当たったらもー、最悪。調査部の失敗だっつーの。なんでナビが責任取らないといけないの?どうかと思うなー、あーゆーやり方。晒すって、全裸じゃないですかぁ、ひどいですよねぇ、、、こら、そこっ、何検索掛けてんの。全く、ご主人様以外の男ってば下劣や奴ばかりなんだから。「ナビちゃん今日の反省会」はあたしのHPからリンクしてね。あたしの成績になるから。名場面とかお勧めです☆


えっ、ご主人様ですか?
藤村省吾 29歳
ハンドルネーム 藤村☆カーリ
職業 大手製薬会社営業部主任
人気ランキング 19位/6052人
基本推定生涯収入 2億2100万円
修正推定生涯収入 2億8900万円
金払いランク S
顧客ランク AA
累積支払い額 188万8150円
累積弊社支払額 65万1250円
顧客ステータス 完全にナビの支配下にあります。


これがあたしのぉ、ご主人様ぁ〜よ〜♪
えへへ。良い人に巡りあえてデザイアはとてもラッキーです☆
基本推定生涯年収と修正生涯年収の差はデザイアが頑張った分です。あ、勿論ご主人様もがんばってくれたんですけどね。でも僅か3ヶ月でこれだけの成果。まあ、リーマンなんで限界あるけど、がんばって3億の大台を目指したいですね。35までにそこそこのステータスになれば外資に転職もアリですかね。いやいや製薬会社もこのご時勢色々再編とかあって大変です。
ご主人様の累積支払額は190万円。やっと、ナノマシンの代金が回収できそうなトコです。ナノマシンは量産化の暁にはもうちょい安くなるんでしょうけど、今は未だ高いですよね。あいつら単体では何の役にも立たない癖に。えっ?あんまり儲けて無いですよ?まあ、社長の趣味でやってる会社ですんで。儲ける気が有るやら無いやら。あたし達ナビは基本開発費は結構かかってるんですけど、一人一人は「只みたいなもん」らしくって、、、会社の扱いもぞんざいで、、、労働基準法とか無視だし。人権も無いし。あはは。当たり前か。あたし達にも個別の人格あるんだけどな、、、言ってもしょうが無いけど。
ご主人様は結構固定のモニターファンが付いていて、65万円も帰って来てますね。ご主人様やデザイアの造形がなかなかマニア受けしたみたいですね。こんなに戻って来る例は珍しいですよ。もっとも会社の方もしっかりぼったくってますから損はしませんけど。ああ、金額が大きいのはサウロン神谷さんのお陰か。あの人、TOEICの勉強してるご主人様をずーっと、モニターしてるんですよ。あたし、ピーン!と来ちゃいました。ええ。誘ったらもう入れ食いで。デザイアのお小遣い増えちゃった。えへへ。あ。ご主人様には内緒ですよ。


え〜、暇じゃないですよお。誰ですかそんな事言ってるのは?スパムメール送りつけちゃいますよ。ご主人様が会社でお仕事している時も色々やる事あるんですよぉ。先ずは他の優秀なナビやお客様の行動のモニターですね。如何にして、ご主人様の満足度を上げるかが全ナビの共通の関心事ですし、人間って、おんなじサービスしても、喜ぶ人もいるし、怒る人もいるしでホント、面白いですよね。日々、新発見です。マンネリ化しないように、常に精進ですよねっ!
他に衣食住とか金銭面の管理とか。掲示板とか回ったりHPで、藤村☆カーリ&デザイアの宣伝とかしたり、、、


後はご主人様の人間関係のチェックとかですねぇ。例えば学生時代の恩師や友達とか、徹底的にあらえば現在の仕事に役に立つつながりがあるもんです。そうやって、役に立ちそうな人を見つければ、とりあえず、メールですね。ええ。デザイアはこう見えても結構優秀なんですよ。ご主人様の振りをしてメールを出すのなんて朝飯前ですとも。メールと言えば不要なメールのチェックとかもやってますよ。ええっと、ストーカーとか言うんですか?もうしつこいったら。きっぱりお断りしてるんですけどねぇ。まあ、悪い虫が付かないようにするのもお仕事ですから。えー?そんなまさか、人間の女なんかに負ける訳無いじゃないですか。そうですよ。あたし達ほとんど100%、ご主人様の事しか考えて無いんですから。人間なんかピークでも30%程度ですってば。負ける訳、、、なんで、そんな事言うんですか?ナビを不安に陥れてなんか得があるんですか?あたしにはご主人様しかいないんです。ご主人様に見捨てられたら、あたしは、、、あたしは、、、ううん。そんな弱気じゃ駄目よ、デザイア。ほら、ご主人様のステータスは「完全にナビの支配下にあります」なんだから。調教完了なんだから。大丈夫。大丈夫なはずよ。はあ。なんか、一日に100回以上ステータス確認してるよね、あたしってば。どっちにせよ、いずれ別れはやってくるんですけどね。永遠の命を持つあたし達と違って、ご主人様の命は有限、、、、あっ、そうだ、健康オプション買っとかないと。ゲームしてる間に勝手に体を鍛えると言うナイスな新開発オプション。これは買いよね。ちょっと最近ご主人様の体重増え気味だしね。これはデザイアのお小遣いで買っちゃおーっと。ご主人様喜んでくれるかな。


「ビーストマンが流行ってるんだって?」
ああっ。ご主人様ってば、ひょっとしてダークエルフのあたしに飽きちゃわれたのかしら、、、この体気に入ってたのにな。
「ダークエルフはもう嫌いなんですか?」
「そそそ、、、そんな事無いよ。次のゲームは何が良いかなって。ちょっとネットで相談したんだ。」
拗ねるあたしに動揺するご主人様。ああ、でもあたしはご主人様には絶対服従だしね、いちおー。ええ、整形でも人体改造でもピアスでもタトゥーでも何でもやりますとも。って、そんな大げさなもんでも無いですけど。基本機能ですし。ああ、この体ともお別れか。気に入ってたのに。
「くすん良いですとも。ご主人様が望まれるなら、あたしはケダモノにでも堕ちますとも。絶対可愛く、、、可愛く作って下さいね。」
「任せて。もうイメージは固まってるんだ。きっとデザイアも今より素敵になれるよ、、、あ、今が素敵じゃ無いと言う訳じゃ無いんだよ。」
わかってます。あたしはステータスを確認する。大丈夫。ご主人様はあたしを愛して下さってる。ケダモノか、、、毛深いのかなあ。毛深いのが良いのかなぁ。ご主人様の事は大分わかって来たつもりだったんだけど、、、人間って複雑、、、。
「じゃあ、後はメインサーバーに任せて、あたしは一旦落ちますね。」
スリープモード起動☆お休みなさい、、、、


メインサーバーより、コントロールを戻します。
再起動☆
ん、、、あ、ご主人様。
「お早うございます。」
「ダークエルフの君も良かったけど、ビーストも良いよ。さあ、見てご覧。」
んー。おおっ☆さすがはご主人様☆素敵だわ。今度はショートカットなんだ。ダークエルフほど線は細くないが、それでも野生動物をイメージして精悍な体付き。その割に胸がでかいのは、、、ご主人様の好みだわ。前よりは筋肉が付いてるから長時間のプレイも大丈夫。ああっ、ご主人様をたっぷり可愛がって差し上げられそうです。思ったほどでは無いにせよ、やはり以前より毛深くなっている。ぐすん。やっぱりショック。そして何より変わったのは、、、
「猫耳と尻尾が素敵だよ、、、」
「ほ、本当ですか、、、?」
変だ。絶対変だと思う。だって耳4つもあるんですよ。でも、ご主人様の愛情パラメータは振り切れてるし、それで良いのだろう。まあ、ご主人様さえ良ければあたしに否応も無い。とほほ。
「耳と尻尾は敏感になってるんだって。尻尾は多目的なんだって。新機能なんだって。今夜早速、、、」
ご主人様は浮き浮きして心拍数が上がってる。あたしも小声で囁かれただけなのに、顔が赤らみ、心拍数が上がって、尻尾が所在無げにくねくね動いている。って、感度設定いくつに、、、、げげっ、感度10!?そんな無茶な、、、、メ、メインサーバーの奴、、、、
「ご主人様、このオプション高かったんじゃ?」
「、、、さあ?」
うわ、まずっ。検索、、、、猫耳オプション3万円。多目的尻尾20万円。ああ、やられちゃってるし。人の縄張りで勝手に商売を、、、まあ、あたしの成績にもなる、、、けど、、、
「ご主人様ってば、、、もう少しお金は計画的に、、、」
ご主人様はあたしの尻尾を掴んで弄ぶ。ふあ、、、駄目です、、、、。
「えへへ。もっと良いものもあるんだよ。婚約首輪wデザイアもきっと気に入ると思うけどな。」
なんだか、ゴウジャスな宝石に彩られた素敵な首輪。ご主人様は優しくあたしに首輪をつける。ああ、お礼言わなきゃ不味いよね、、、
「素敵です、、、高かったんでしょ?」
「給料の3ヶ月分さ。」
「あ、、、有り難うございます。」
自然に涙が出る。
「ど、どんな凶悪な機能が付いているんでしょう?」
あたしはドキドキして尋ねる。あたしが知らないって事は新製品かな?
「え?機能なんてないよ?」
ああ。ぼったくられただけか。ご主人様、、、信じるのあたしだけにして下さいね、、、ご主人様のお金が尽きたときがあたしが用済みになる時なんですから、、、
はあ。設定、ロードします。
「ええっと、設定の確認です。白4(魅力の向上、英雄の力、移動の力)青2(ファントム)ミラーン、秘術、錬金。種族はビーストマンです。」
ちょっと、尻尾は駄目ですってば。ご主人様を見つめるあたしに何を勘違いしたか、ご主人様は更に尻尾を弄ぶ。ちがう、、、
「うん。ビーストマンの特徴はずばり、ミラーン種族にしては中途半端。建物も結構建てられるし、マナも生める。でも、ダークエルフほどじゃない。道路も引けるけど、ドワーフには劣る。空軍は出せるけど戦力にはならない。ミノタウルも強くない訳ではないけど遅いし、対空ないし、、、ケンタくんが又、中途半端で、、、でも、ま、白の秘術錬金だし、なんとかなるっしょ、、、どうしたの、デザイア?」
「あ、18禁モードですか?」
「何いってんだい。スピリット召喚だろ?さあ、行くよ!」
「尻尾を放して下さい〜。」
「ヤダ。中空にたゆたう精霊たちよ。」
「中空にたゆたううっ、精霊たちよ。」
って、あ〜ん、主導権取られちゃってるし〜。


「ご主人様、、、もう限界です。今夜はこの辺でゲーム中断で、、、」
ずっと、尻尾を弄ばれてたお陰であたしはもうへろへろだ。感度設定を変えようと何度もメインサーバーにアクセスしてるんだけど、、、ロックが掛けられてる、、、誰よ、余計な入れ知恵したのは、もおーっ!もう駄目です、許して下さいご主人様、、、
「もう、獣人の癖にだらしないな。」
ご主人様、獣人とビーストマンは違うんです、、、あ、18禁モード起動☆


「だから、尻尾の設定だけでも、もう少し落としてもらわないと仕事どころじゃないんですっ!」
あたしの剣幕にもメインサーバーはお役人面を崩さない。くそ〜。
「そんな事言われても、お客様のご希望ですからねぇ。わたしには何とも、、、ご主人様の方に頼まれてはどうですか?」
「そんな事今更、恥ずかしくって、できませんっ!」
「ではあきらめて下さい。では、次の方。」
くっそ〜。メインサーバーの奴、、、お前なんかに現場の苦労がわかるか〜!覚えてろ〜!


こうなったら早くクリアーするしかないっ。ゲームの方は淡々と進んでいる。夜は濃密ですけど。とほほ。耳と尻尾と上下に二つも弱点ができたんで、どうにも主導権が取れないんです。うー。カーリ様のビーストマン帝国の首都はミラーン最大の大陸の北西のほぼ端の方に位置していた。一方、スススラも同じ大陸にいたが、結構離れた大陸南東のほぼ端に位置。
スススラのトロールより、我がビーストマンの移民速度は早く。大陸中に蔓延っていた。1414年現在。カーリ野獣帝国はスススラを都市数で圧倒。すごいぞビーストの繁殖力。それは良いんですけど、、、なんでナビのあたしにまで盛りの周期なんかプログラムされてんの?うちのプログラマーって、そんなに暇なの?、、、もういいです。やりゃーいいんでしょ。やりゃー。ああ、なんかあたし前より粗雑になって来たかも。ルックスで結構影響受けちゃうんですよねー。
我が野獣帝国の主力はアダマンスピア。首都は資源がなかったものの。第二都市第三都市がいずれもアダマンを産出した為、割かし早期(当社比)にアダマンスピア体制が整った。アダマンスピアは英雄の力を掛ければハンマーハンドの正規兵あたりよりも強かったりするのだ。へへん。ビーストをなめんなよ。<舐め猫風に>戦術としては、マーカスに連れられた数隊のアダマンスピアのうち、無傷のものを英雄の力。それで大体勝てる。
序盤、そうやって、我が軍を指揮したマーカス隊長はしかし、スススラの攻撃魔法の前に潰え去った。しかし、スススラの軍事拠点の大ドワーフ都市(ハンマー5守備)をアダマンスピア9が打ち破り、最早スススラを追い詰めたと言えるだろう。我が18都市に対してスススラは最早首都のみ。
そうそう、ハイスピリットに異世界への移動を掛けて、極悪ノード融合作戦を決行しようとしたんだけど、、、バーチャMOMではできないみたいね。ちぇっ。対策打たれてやんの。
スススラ以外にはサウロンとホルスに接触。サウロンはMP切れだから大した事できないと思う。ホルスは異世界への移動と交換に命の炎をくれたから良い奴だと思うけど、異世界の封印とかもリサーチしてたし、相当強力なんじゃないかな。ミラーンへの進出も果たしているし。
「英雄ふっかーっつ!」
二人の声がハモり、マーカスが光の中から蘇る。ふう。ま、いないより良いでしょ。
アダマンソードやアダマンケンタなんて洒落た部隊も出来てくる。なんとか行けそうに思う。
「じゃあ、そろそろ寝ようかデザイア。」
「は、はいっ。」
あたしは赤くなって頷く。怯えるご主人様や、震えるご主人様も大好きだったけど、最近のリードしてくれるご主人様も大好きだ。いつまでこんな幸せが続くのかな。ご主人様はずっとあたしを好きでいてくれるのかな。信じていいのかな。あ。ああん。18禁モード☆
あむぁい
2004年06月10日(木) 01時32分13秒 公開
■この作品の著作権はあむぁいさんにあります。無断転載は禁止です。
■作者からのメッセージ
ホーリーブラウニーの3巻の1個目4個目とか結構好きです。エクセルサーガも好き。
リプレイの方はホルスが馬鹿強そうで苦戦かも。ま、白だしトリンでも出れば勝てるかな。
それより、今週日曜日簿記試験だっつーの。

この作品の感想をお寄せください。
ちょっと補正。最近はClick!!にたむろってダークなエナジーを蓄えています。 -20 あむぁい ■2004-06-25 22:41:37
ところで、ぼちぼち猫さんに出してもらわないと追い落としてしまいますな。、、、あたしのせいですが。あはは。 10 あむぁい ■2004-06-25 01:24:22
宣伝 僕デザマジ18禁バージョンは風祭文庫にて今月末から来月頭ぐらいに公開予定。貰い物小説の栄えある100番目に内定しております。色物小説の宝庫であたしは好きですが、影響されやすい人は読んでは駄目かもです。 10 あむぁい ■2004-06-25 01:21:45
はう。と、ホルスのハイマン(前線はプリーストだが奥にパラディンも)色々エンチャント(真実の光景まで)に襲われて結構苦戦かも。ケンタ+透明化でしのぐかなぁ。 10 あむぁい ■2004-06-12 00:33:34
マンティコアをリクエストしつつ、、、こっちはサウロンの色々エンチャント付きスリンガー隊 10 あむぁい ■2004-06-12 00:31:19
え〜っと、月読さんはケンタくん。あむぁいさんはスピアマンを主力に・・・ですか。私は何で行こうかしらん。う〜みゅ・・・。 10 まんしゅう ■2004-06-11 21:17:28
アダマンビーストスピアマンが主力ですか。精鋭スピアマンって以外と強いですよね。それにしても、正規兵ハンドより強いとは・・。びっくりです。最後に、試験頑張ってください。 30 P&A ■2004-06-11 00:07:19
おやま、ご自身でビーストマンリプレイやっちゃったんですね^^私はアダマンケンタウルスに英雄の力かけて主力にして押しました。なかなか強かったですよ。 10 月読 ■2004-06-10 23:09:39
合計 70
お名前(必須) E-Mail(任意)
メッセージ


<<戻る
感想記事削除PASSWORD
PASSWORD 編集 削除